2020年3月11日水曜日

コロナ:イタリアに留学中の皆さん携帯書類に気をつけて!

3月10日、コロナウィルスの感染のため、
イタリア全土がレッドゾーンに指定されているのはもうすでにご存知だと思います。
もう一つ大切なのはすべての外出の際に携帯しないといけない書類ができました。


dichiara sotto la propria responsabilitàというものです。

ちなみにコレ↓↓




下記にリンクを貼っておきます。
https://static.fanpage.it/…/modulo_autodichiarazione_10.3.2…

多めにプリントして記入後、出かける際には必ず持ち歩いてください。
カラビニエーリにとめられた際にこれがないと罰金とうの処罰の可能性があります。

・書き方

上には自身の氏名と生年月日、住所、身分を証明するものとその番号(パスポートなど)、そして電話番号。

下記の用事のみ外出が可能です

・仕事上必要な外出
・どうしても必須なこと・・・買い物などが当たるかと
・健康上の問題・・・薬局
・住居への移動

Aという所にはcheからどの目的で出ているかその理由を明記と書いてあります。

最後に日付とサインを入れないといけません。
まだイタリアに来て間もない方は、自分で判断せずに、周りによく聞いて行動してください。

ちなみに私も印刷機が家にないので出かけてプリントしてすぐその場で書きました。

状況は日々変化しています。

北イタリアでは彼女に会おうと出かけた男性が止められています。

大げさなぁと思うと思います、私もそう思いますがこのパニックの中、
みんなちょっと平常ではありませんので何があるかわかりません。

コロナより警察が怖いかもです。

以下イタリア大使館よりのメール↓↓

イタリア政府による新型コロナウイルス感染拡大防止措置:イタリア全土に対する移動制限の適用
●3月9日夜,移動制限,学校の一時閉鎖,レストラン・バールの夜間営業停止等の措置を10日朝からイタリア全土に適用することを規定した新たな首相令が発表されました。これらの措置は4月3日まで有効です。
●移動については,職務上の必要性,健康上の理由,住居への移動等に該当する場合許可されます。
●今後はイタリアの警察当局により,主要な駅,空港,道路等においてコントロールが強化される可能性があります。イタリア内務省規定の自己申告フォーマット(下記URLより入手可能,和訳を在イタリア日本国大使館ホームページに掲載)に移動の理由を含む必要事項を記入して,携行することを推奨します。
●在留邦人及び渡航者の皆様におかれては,報道等最新の情報の収集と感染予防に努めて下さい。
移動に関する自己申告フォーマット
https://www.interno.gov.it/…/modulo_autodichiarazione_10.3.…
移動に関する自己申告フォーマット(和訳)
https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200310_mdi_format.pdf






2020年2月25日火曜日

1ヶ月、初イタリア&語学留学希望の方をサポートしました

パレルモは他に色々と回った先に行き着かれる方が多いのですが、
ここ最近は、TV等で取り上げられているそうで、ダイレクトに来られる方もいらっしゃるようです。
Aさん、新しい仕事が始まる前のリフレッシュにと留学を決められました。
イタリア語初、パレルモ初ということで、1ヶ月の滞在が充実するようにとサポートさせていただきました。
留学は広告がイメージするような楽園ではありません、言葉の問題、孤独、習慣の違いなどで、戸惑うことの方が多いのが現実です。
何が必要かというと、自分自身で楽しみ方を見つけていく力、焦らない方、それができる人は良い経験になると思います。

Aさんはそのように楽しまれたようです。

以下ご本人のコメントです。



●決めたきっかけ
語学留学を目的に1月31日から2月29日まで、丸々一ヶ月間滞在しました。
インターネットで検索してたまたま引っかかったサイトで、大丈夫かなと不安にも思いましたが、対応速度がはやく、厳しいこともキッチリ言ってくださったので信用に足ると判断しました。
他の似たようなサイトでも留学を考えてる旨を相談していましたが、俄然こちらの方がしっかり対応してくださいました。

●依頼内容
留学と宿泊について主に相談いたしました。
学校について特に問題はなく、自分の語学能力が初歩の初歩だと理解してくださると、少人数の学校の方が合うのではないかなど、アドバイスを頂けたりしました。実際、やはり少人数の方が質問もしやすく、先生もひとりひとりの理解度を見てくださるのでこちらを選んで正解でした。
宿について、はじめにメールで案内された部屋ではなく、部屋の空きの関係でワンルームを最終的に借りることになりましたが、一人でいる方が落ち着く性分ですので、結果的にこちらで良かったなと満足しています。

●満足度について
1)学校

月、水、金と通っていました。板書もありますが、やはり会話中心です。黙っていても何かしら喋らされますので、簡単な言葉は自然と覚えます。
先生は大変優しく、イタリア語がわからない時も英語やジェスチャーで説明してくださいます。また、途中から日本語がわかる方も授業のサポーターとして連れて来てくださり、大変ありがたかったです。
生徒はとても国際色豊かで、みんな好きに喋ったり、お菓子を広げたり、動画を流したりととにかく自由で驚きました。(注意もされてましたが笑)  なにより優しい人が多く、授業で何度もたすけられました。
学校について欠点を挙げるならば、今日は一日休みという連絡があったにも関わらず、実際は授業があったこともありました。ただその一日だけだったので、そこまで自分は気にしてませんが、日本のような完璧な連携を求める方は少し思うところがあるかもしれません。

2)住まい
綺麗なゲストハウスです。素敵なテラスもあり、人懐っこい猫ちゃんが二匹いて癒されました。
大家さんは大変真面目な方です。たとえばコンロの調子が悪い旨を伝えた時は、翌日学校へ行っている間に直してくださいました。相談すれば、必ず対応してくれます。
ただ場所がメイン通りのド真ん中だったので、夜中の騒ぎで起こされることもしばしば。自分はこれも異文化体験のひとつとして楽しめました。

3)パレルモ街、人について
良くも悪くも素直な方が多いと感じました。物乞いなど日本ではまず見かけない人に初めこそショックを受けましたが、段々と慣れてきて、あれも一つのライフスタイルなんだなと考えることができました。
街については、自分は歴史や宗教美術が好きなので、毎日歩くだけで楽しく勉強になりました。特に、メイン通りから少し逸れたところにあるジェズ教会がオススメです

4)浦田尚子について
とても明るく、しっかりした方だなという印象です。
スマホの調子が悪い時も気にかけていただけたり、バスの時刻表も教えてくださったりと、滞在中のサポートもしっかりしてくださいました。
イタリアと日本の良いところが上手く合わさった方です。
●パレルモでの滞在を考えている方へのアドバイス
・現地の方は英語をほとんど喋ってくれません。なので挨拶やお店で注文する時の簡単なイタリア語だけでも覚えておくと、より楽です。
・カードより現金(5ユーロなどの少額紙幣や硬貨)を持ってください。海外はキャッシュカード文化と色んなサイトに記載してますが、シチリアに関しては嘘です。むしろ現金しか受け付けてくれない所の方が多いです。
・神経質な方には向かないかなと。楽観的で、自分から行動できる人にはとても楽しい場所だと思います。